Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C836] 新着から来ました。

新着から来ました。日記を読まさせていただきました。楽しかったので又来ます。こちらは「天然石のお話」について書いてます。

[C837]

おひさだわー><
さすが。
いつきてもおもろぃw
  • 2006-12-03
  • 投稿者 : ヵェ
  • URL
  • 編集

[C838] 1-84

ひぐらし放送時(4月~9月)・・・8月は夏休み・・・
妹は夜更かしする・・・偶然ひぐらしを発見!
↑こんか感じでw
シャナは何故かわからんな~・・・
今回の小説はかなり長くて話が面白かったぜ!

[C839]

これ見て思ってんけど、アイラブKOTOKOって赤城が言ったんやんな?
赤城もオタク属性?w
婦人もシャナを意識する年頃になってんなw
魔法使いは2次は雷氷やろうな…
あと何かよさそうなのがない…
  • 2006-12-03
  • 投稿者 : ぬわんぎ
  • URL
  • 編集

コメントを書いて差し上げますわ

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://canacian.blog62.fc2.com/tb.php/291-f2b3d59a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

オタク・ラビリンス 第11話 『リアル・ワールド』

オタク・ラビリンス
第11話 『リアル・ワールド』


――朝。
俺はなんとなく目が覚めた。
今日から毎日こんな早い時間に起きないといけないと考えると少し鬱だ。
それでも夏休みの間のような現実逃避するわけにはいかないと考えた俺は早めに着替えを済ませ、飯も済ませ家を出た。
少し早めの出発となった。
電車はいつもより一本早めの便だ。
いつも使用していた時間帯の電車はかなりの満員電車だった。
しかし、一本早いだけで車内は結構余裕があった。
少し新鮮だと感じつつ、電車に揺られ続けた。

学校の最寄駅に着いた。
さすがに学生の姿が多い。
辺りからはいろいろな声が聞こえる。
「あらーひさしぶり!元気してたぁ?」
「結構焼けたねー。何回海いったのー?」
「だよねー。全く宿題やってないー!」
雑踏ハーモニー。
なぜか聞いていて良い気分はしない。
普通だったらただ騒がしいだけとして受け止めるハズなのだが・・・。
久しぶりの騒がしさにストレスを感じているのかもしれないな。
たまたま面識のある人間とは出くわさなかったこともあってか、俺は一人で学校まで歩いた。


そして学校に着き、教室に入る。
ほとんどの学生がもう到着していた。
相変わらず聞こえてくる声は、どこも同じような話題だった。
俺はどうでもいいと考え静かに席に着いた。
すると見知った友人が俺のもとに来た。
「ようー臼杵、元気してたか?」
「おっす、俺は相変わらずだな」
適当に返事を返しておいた。
こいつとは今年からクラスが一緒になって、よく話をする仲だった。
しかし夏休み中は一度も会っていない。
一度カラオケに誘われたが、俺は前日に発売されたエロゲには夢中だったのでそっちを優先してしまった。
そのときは妙ちゃんに夢中だったのだ・・・仕方ないと今でも思っている。
オタク条約 第7条 『リアルの用事よりもゲームやネットを優先するのは危ないっ!』

「ところでお前、夏休み中なにしとったん?」
一番痛いところを聞かれた。
さすがに、引きこもってましたとは言えない。
違う言い方も考えてみたが思いつくものは・・・、
アニメ見てました、エロゲしてました、ネトゲしてました。
ダメだ!ダメすぎる――!
だがこの程度のことしか思いつかない。
相手の顔を見ると、向こうは怪訝な表情をしてこちらを伺っている。
ちょっと回答に時間をとりすぎているようだ。
俺は咄嗟に思いついたままに答えた。
「お、俺は・・・そう!サーフィンを毎日していた!だから忙しかった!」
結構適当な嘘をついたと思うかもしれない。
しかし、これは事実なのだ。
サーフィンと言われると、海で波乗りながら板の上に立つアレを想像するだろう。
だが、それは間違いだ。
サーフィンはサーフィンでも・・・
ネットサーフィンだ!
意味がわからないならググってくれ・・・。

我ながら素晴らしい回答をしたと思っている。
「へぇ・・・毎日サーフィンか。いいな。でもお前、その割にあまり焼けてないぞ?」
「え、あ、ああ。それはな、日焼けクリームを通常よりも4倍多めで付けてたんだよ」
「毎日そんなことしながらサーフィンしてたのか?」
「あ、ああ。おかげで金は掛かったけど、このとおり日焼け少なめだぜ!」
「そっか。ところで俺さ、前からサーフィンしてみたいと思ってたんだ。サーフィンのボードとか見せてくれよ」
ま、まずいぞ・・・話を無理矢理にしすぎて話がどんどんやばくなっている。
もしもこいつが家に来たらサーフィンしてなかったことがバレる。
その上、俺の部屋に入られたら・・・やばいグッズなどが散らばりまくっている。
どうしよう!どうしよう!

・・・・・
・・・
俺は諦めた。
このまま嘘が通せると思わなかったからだ。
だから素直に話すことにした・・・。
「えっとな、そのサーフィンの話は・・・」
「え?何?臼杵サーフィンしてたの?」
なんとも最悪なタイミングで違う友達も現れた。
そいつが大声だったせいで、他のやつらもこっちを見て近づいてきた。
「マジかよ、俺にも教えてくれよ臼杵!」
「ええーどこらへんの海でやってたんだ!?」
皆が皆盛り上がって俺の回答を期待している。
や、やばい――やばすぎる!!
そんなとき救いの神が現れた。
「おーいこらー。チャイム鳴ってるぞ、席に着けー」
担任の先生が現れたのだった。
いつもこの担任はやる気がなさそうで適当な性格なのでどうでもいい先生だと思っていた。
しかし俺は今、この先生を救世主だと感じた。
わが担任は、救世主!メシア!
「ちぇー臼杵、また話聞かせろよな!」
「またあとで話せよ!」
そう言って野郎どもは、渋々席に着いた。



担任がホームルームを始める。
そんな中、隣からくすくすと笑いを堪える声が聞こえた。
荻野だった。
唯一、俺がオタクであることを知っている奴だ。
やはりあのとき、メイド喫茶の前で会わなかったらよかったと俺を後悔させた。
そして小声で荻野はこちらに呟いた。
「言い訳おもしろかった」
「うるせえ、黙っとけオタクが」
「あはは、オタクなら臼杵くんも同じじゃないの?」
「生憎、俺はあれ以来エロゲはやってねーんだよ」
「ほうーじゃあ、あれから何してたの?」
俺は口ごもってしまった。
まさか、サーフィンなんて言えない。
こいつには意味がわかってしまっているからだ。
だから俺は正直に言うことにした。
「あれからは・・・ネトゲを、少し、だけ」
「絶対少しじゃないね!ネトゲやってるのもエロゲやってるのもオタクと変わらないね!
「う、うるせえ!!」
俺はつい殴りかかろうとしてしまった。
しかし俺は場を忘れていた。
とてーもまずい状況だと気づいたときには腕が上がっていた。
「おいこら臼杵!お前ホームルーム中に大声だすな!しかも何殴ろうとしてるんだ!」
つまりホームルーム中であり、担任の先生がいる状況というワケだった。
「あ、いや、その・・・。すんません」
そうして俺はしょんぼりとした。
生徒たちは何事かと皆して俺を見ながらヒソヒソと話をしている。
はぁ・・・死にたいぜ・・・。


長いホームルームが終わった。
実際にはいつもよりも少し長かった程度なのだが、俺にとっては物凄い長く感じた。
休み時間になったはいいけど、野次馬どもが先ほどのサーフィンの話題で寄ってこないうちに俺は教室を後にした。
だが、特に行き場もなかった。
うろうろと廊下を回っていた。
トイレで適当に時間を潰しているといい具合に授業開始を告げるチャイムが鳴った。
そして俺は教室に入ると同時に後ろから次の授業の先生が来たため、誰からも話されることなく授業に入れた。
授業は、英語だった。
もちろん夏休み後最初の授業は宿題の提出である。
俺はYAFOO翻訳で訳した英文のプリントを提出しようと、カバンから出して待っていた。
すると、先生はとんでもない発言をした。
「それじゃ、出席番号1番から宿題の発表を行う」
な、何――!?
発表なんて聞いてないぞ!
ってゆうか何でみんな驚かないんだ!?
・・・そこで俺は気づいた。
そういえば、夏休み入る前に先生は宿題は発表も行うことを話していた。
えへへ、完全に浮かれていて忘れてたぜ!
・・・なんて言ってられん!宿題の英文の修正を行わなくては!
確か「夏休みひきこもってました」みたいな内容だった。
そんなの発表できねえ!
「じゃあ、出席番号1番・・・赤城、教壇で発表」
「はいー」
「出席番号2番の臼杵は用意しとけ」
お、俺『う』だから2番目だった――!
やばい、修正する時間もない!
俺は必死に修正しようと、英文を考えるが・・・。
だめだ、特に夏休み発表するような素晴らしいことはなかった。
しかもそんなことがあったとしても、俺は英語が苦手だからYAFOO翻訳なしではとても英文作れない。
「I love I've sound. I love KOTOKO.
thank you. 」
「ふむ、赤城いいぞ。次、臼杵
そうこう考えている間に俺の番が来ていた。
俺はどうしようもなかった。
もう恥やプライドなど捨てるしかないのだろうか・・・。
俺はありのままの英文が書かれたプリントを片手に教壇へと向かうこととなった――。


つづく!




以下コメント返信
>ヌワンギ
実はほしかったんだけど・・・
いい色とかがなくって、あった!って思ったやつはめっちゃ高かったりでorz
最近なぜかメロンパンばっか食べてるぜ!
魔法使いか!2次は何にするの?

>Cielo
おkおk!
ARIAも見てえー!
てかコミックブレイドって本すら初めて聞いたのに、ARIAが消えたらもっと買う人下がりそうだねw
妹って一体どんな子なんだΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
なんでシャナは最終巻だけなんだよww

>しき
シナリオそんな長いのかぁorz
変えたらゲームやりまくりよろ!
パジャマそんな好きなのかww
でももう今は普通のメイド服に戻ってるよ!
いやまじでななついろ情報GETしたしきGJ!!!!!!!!!!111
またなんか情報あったらよろしくねw

>未夢
兄の先輩そんなオタクなんですかΣ(゚Д゚;)
日本橋って我らが最近いきまくってるところじゃないか!
また今度行くときあったら連れて行ってもらおう!!
アニメイトやゲーマーズはなかなか・・・
1月行くんですかΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
日本橋のアニメイトなら会うかもね(*´д`*)ハァハァ



スポンサーサイト

4件のコメント

[C836] 新着から来ました。

新着から来ました。日記を読まさせていただきました。楽しかったので又来ます。こちらは「天然石のお話」について書いてます。

[C837]

おひさだわー><
さすが。
いつきてもおもろぃw
  • 2006-12-03
  • 投稿者 : ヵェ
  • URL
  • 編集

[C838] 1-84

ひぐらし放送時(4月~9月)・・・8月は夏休み・・・
妹は夜更かしする・・・偶然ひぐらしを発見!
↑こんか感じでw
シャナは何故かわからんな~・・・
今回の小説はかなり長くて話が面白かったぜ!

[C839]

これ見て思ってんけど、アイラブKOTOKOって赤城が言ったんやんな?
赤城もオタク属性?w
婦人もシャナを意識する年頃になってんなw
魔法使いは2次は雷氷やろうな…
あと何かよさそうなのがない…
  • 2006-12-03
  • 投稿者 : ぬわんぎ
  • URL
  • 編集

コメントを書いて差し上げますわ

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://canacian.blog62.fc2.com/tb.php/291-f2b3d59a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ユッコ

Author:ユッコ
趣味は避難訓練です。
現役高校生のブログです。


↑ランキング参加中です!
クリックしてくれてる方ありがとうございますm(_ _)m



bana2.jpg
↑こちらに移転しました!(08/02/08)

カレンダー

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ更新率

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。